あずきがゆ

小正月に『あずきがゆ』を食べると、1年の邪気を払い、無病息災で過ごせるといわれています。
おかゆは、お正月にごちそうを食べすぎて、疲れた胃腸のお休みにもおすすめです!
あずきがゆ
冬 主食 赤 黄 緑

7品目中
使用原材料
なし
18品目中
使用原材料
なし
代替原材料 なし
※代替原材料は、栄養価まで代替にはなりません。


材料

子供2人+大人1人分

  • 米・・・1/2合(80g程度)
  • あずき水煮・・・60g
  • あずき水煮の汁・・・50~100cc
  • 水・・・500cc
  • 塩・・・少々
※あずき水煮は、缶詰めやパックなどで市販されています。
※水煮の味付けの有無はメーカーによってことなりますので、塩加減など調整しましょう。

作り方

  1. 米を洗って30分程度浸水してからザルにあげる。
  2. 土鍋(もしくは厚手の鍋)に、米、水、あずき、あずき汁を入れ、蓋をして中火にかける。
  3. 沸騰したら弱火にして、蓋を少しずらして30分炊く。
  4. 炊きあがったら塩加減を調整し、底からまぜて茶碗に盛りつける。
  5. 好みで、漬物や梅干しなどを添える。
※おかゆは吹きこぼれやすいので、沸騰後は必ず弱火で蓋をずらして、火傷には十分気をつけて下さい。
※あずきの汁はメーカによって濃度が異なりますので、お好みの分量を調整して下さい。

ポイント
ポイント
元旦より15日間を大正月(おおしょうがつ) 、以降15日間を小正月(こしょうがつ)と呼びます。小正月の行事はほぼ残っていませんが、あずきがゆは1年間の邪気を払い万病を除くといわれ、習慣の名残として食されます。

Ushikubo Chie
食に関するマーケティング・
企画を主とする㈱シー・フェアーの代表取締役。 また、フードプロデューサー(栄養士)として、 『体の中から健やかに美しく』をテーマに、Kireini.netをはじめ、多方面で活躍する傍ら、食育普及活動に尽力。カルチャーセンターなどで食育の講師も努める。