コバレ気分

手書きで伝える心

手書きで伝える心

最近、手紙を書きましたか?
今は、メールや電話など便利なツールが増え、手紙を書くということが、少なくなってきたのではないでしょうか。 便箋や封筒を使わなくても、
葉書や一筆箋などで、ちょっとした気持ちなどを伝える…手書きの文字は、人の心を和ませたり、喜ばせたりすることが出来るものだと思います。

◆手紙の基本
目上の方へ出すようなあらたまった手紙の場合は、縦書きの白の便箋を使います。(色柄ものや横書きは、親しい人に出す時に…)

書き方は、
【前文】 頭語(拝啓など)・時候の挨拶
【前付】 相手の健康等を喜ぶ言葉や暮らしぶりを尋ねたり、日頃のお礼等
【主文】 
【末文】 結びのあいさつ(相手の健康を祈る言葉等)・結語(敬具など、頭語に対応させる)
【後付】 (日付・署名・宛名)

また、あらたまった手紙では2枚以上の便箋で出します。1枚で終わってしまう時には、何も書いていない便箋をもう1枚つける様にして下さい。(弔事の手紙は続くことを嫌うので、1枚で送る様にします。)

◆葉書を書く
手紙の基本と聞いただけで、便箋を使って手紙を書くことが億劫になってしまう人もいると思います。そんな時には、葉書はいかがでしょう。
以前は、略式で失礼だとされてきましたが、今やメール時代、封書よりも手軽に書け、手書きで心がこもった印象を与えてくれるのではないでしょうか。込み入った内容には向きませんが、手紙よりも気楽に書けますし、活用してみると良いと思います。旅先からの絵葉書も、とても嬉しいものですよね。

◆一筆箋を使う
形式などは気にせず、思ったことを気軽に書くことが出来る一筆箋は、持っていると便利なアイテムです。
何かを送る時に添えたり、連絡事項など、ちょっと伝えたいことがある時に直ぐ使え、大変重宝します。
上手に活用すれば、心配りのできる素敵な女性だと、ポイントもアップしそうです。


いずれも、季節感のあるものや可愛いデザインのものが、たくさん出回っていますので、文具店などへ探しに行くと、またそれも楽しいものです。

「ありがとう」「お疲れ様」など、感謝や敬う気持ちをしたためれば、相手へ心が通じやすくなる…手書きが少なくなってきた時代だからこそ、手書きの文字で伝えるということが新鮮で、また大切な気持ちが伝わりやすいのではないでしょうか。

( 平成23年3月 羽鳥由希 )

memo

“コバレ”とはちょっとした『ハレ(非日常)』のこと。
このページでは、みなさんにそんな気分を味わってもらおうと「きれいにネット」が独自に探したおすすめ情報を紹介しています。