フラワーコーディネート

Flower Arrangement

No.021 母の日に贈るロマンティックトピアリー

母の日の定番、カーネーションをキュートなフリルのボールに。
「いつまでも可愛い女性でいてね!」と、思いを込めて贈ります。 >>レッスンを見る

レッスン

[今回のお花](左から)
  • ワックスフラワー(1本)
  • スプレーカーネーション(6本)
  • アイビー(2本)
[用意するもの]
  • 花器(陶器10×10×10cm)
  • トピアリー棒※(30cm)
  • 石(適量)
  • リボン(20cm)
  • オアシス
※トピアリーは、もともと『刈り込む』という意味で、植物を人工的に立体的に形作った物のことです
  1. オアシスをナイフで球体(野球ボール位)にし、残りのオアシスと一緒に吸水させる。四角いオアシスは花器に動かないようにセットする。
    球体にしたオアシスの中心に向かって棒を差し込み、もう片方の先を花器中心の底に付くように垂直に挿す。


  2. 真上から見て十文字になるようにカーネーションを挿す。


  3. 球体に沿ってカーネーションを均等に挿していく。


  4. アイビーを1葉ずつ切り離す。(ツルの部分を切る)


  5. [4]で切ったアイビーをカーネーションの隙間に挿す。
    ワックスフラワーも短く切って、同様に挿す。


  6. トピアリーの棒にリボンを付ける。
    最後に花器の中のオアシスを隠すように石を敷き詰めて出来あがり。

アレンジのポイント

カーネーションは球体オアシスの中心に向けて挿すと、形良く仕上がります。
ツートーンのカーネーションが無い場合は、同じ大きさで違う色のカーネーションを混ぜて使うと花の輪郭がはっきりして立体感がでます。
- produced by はなはじめ -

memo

柴田ユカ 略歴
証券会社の社長秘書に従事する傍らフラワーアレンジメントおよび色彩学を学び、退社後、花の業界へ。
スクール派遣講師をしながら、花の基礎を学ぶべく花卉市場の中卸業で働く。ブライダル・イベント等のフラワーデザインや生け込みを多数経験し、2005年春、花を身近なものに、そして心豊かに暮らせるお手伝いが出来るようにと「Flower Design はなはじめ」を立ち上げ、現在に至る。