フラワーコーディネート

Flower Arrangement

No.019 ふんわり春色の愛らしい花かごで雛祭り

ふわりと幾重にも花びらをつけた桃と、春を告げる花たちのアーチ。
愛らしいピンクの花かごをお雛さまに添えて。 >>レッスンを見る

レッスン

[今回のお花(左から)]
  • ゆきやなぎ(2本)
  • 菜の花(3本)
  • チューリップ(4本)
  • 桃(3本)
[用意するもの]
  • 取っ手付きの籠(直径15cm位)
  • ワイヤー(20cm位を5本)
  • オアシス
  • セロハン(30×30cm)
  1. 籠にセロハンを敷き、取っ手のアーチを正面にしてオアシスをセットする
    まっすぐに伸びた桃の枝を選び30cm位の長さに切り、取っ手より後方中心に挿す。


  2. 残りの桃を[手順1]で挿した桃の前後に、枝同士がかぶらないように少し角度を変えて挿す。


  3. チューリップ3本は、右側取っ手に添うように長さに変化をつけて挿す。
    残り1本のチューリップは短かく切って、左後方に挿す。


  4. 菜の花3本は他の花より短く切って2本は正面に、残り1本はオアシスの中心に挿す。


  5. ゆきやなぎ2本は取っ手の長さに合わせ20〜30cm位の長さに切る。


  6. [5]で切ったゆきやなぎを左右の取っ手に添うように挿し、花先を取っ手に絡めてアーチのラインを強調させる。
    最後にオアシスを隠すようにゆきやなぎや菜の花の葉を挿して出来あがり。

アレンジのポイント

桃が映えるように、チューリップは桃よりも薄いピンクを選びましょう。
菜の花は、オアシスに挿した後もすぐに伸びてくるので短めに切りましょう。
- produced by はなはじめ -

memo

柴田ユカ 略歴
証券会社の社長秘書に従事する傍らフラワーアレンジメントおよび色彩学を学び、退社後、花の業界へ。
スクール派遣講師をしながら、花の基礎を学ぶべく花卉市場の中卸業で働く。ブライダル・イベント等のフラワーデザインや生け込みを多数経験し、2005年春、花を身近なものに、そして心豊かに暮らせるお手伝いが出来るようにと「Flower Design はなはじめ」を立ち上げ、現在に至る。