フラワーコーディネート

Flower Arrangement

No.012 今年はハロウィンパーティーで盛り上がろう!

かぼちゃのジャックがハロウィンの雰囲気を演出してくれます。
仮想をすれば準備OK。
思う存分パーティーを楽しもう。 >>レッスンを見る

レッスン

[今回のお花(左から)]
  • スプレーマム(1本)
  • ナデシコ(2本)
  • トウガラシ(1本)
  • アスナロ(1本)
  • コットンツリー(2個)
  • カボチャ(1個)
[用意するもの]
  • アルミ缶(高さ10cm位)
  • オアシス
  • 竹ひご(2本)
  • セロハン(40cm×40cm)
  • シール
  1. アルミ缶の中にセロハンを敷き、面取りをしたオアシスをセットする。
    セロハンはオアシスの高さに合わせて切る。


  2. 竹ひご3本(5〜8cm位に切ったもの)を、カボチャの裏側に均等に挿しこむ。


  3. カボチャを竹ひごの方からオアシスの中心に真っ直ぐ挿す(竹ひごが2cm位見える程度に)。


  4. 10cm位の長さに切り分けたアスナロ5本を、葉先はやや上に向けて、アルミ缶の口に添わせて(真上から見た時円を描くように)挿す。


  5. コットンツリーを1個ずつ切り分けて、並べるように挿す。
    トウガラシも適度な量に切り分けて全体的に散らすように挿す。
    アスナロを数本、オアシスを隠すように、長さや角度を変えて挿す。


  6. スプレーマム、ナデシコを、カボチャの下正面に挿す。
    残ったスプレーマム、ナデシコを、後方や横にも挿す
    カボチャに顔のシールを貼って出来あがり(シールがない場合はマジックや黒ビニールテープでも代用できます)。

アレンジのポイント

カボチャとオアシスが触れると、カビが生えたり、腐り易くなるので、浮かせるようにオアシスに挿しましょう。
前方に見える花は短めに切って挿すと、カボチャの顔が見えやすくなります。
- produced by はなはじめ -

memo

柴田ユカ 略歴
証券会社の社長秘書に従事する傍らフラワーアレンジメントおよび色彩学を学び、退社後、花の業界へ。
スクール派遣講師をしながら、花の基礎を学ぶべく花卉市場の中卸業で働く。ブライダル・イベント等のフラワーデザインや生け込みを多数経験し、2005年春、花を身近なものに、そして心豊かに暮らせるお手伝いが出来るようにと「Flower Design はなはじめ」を立ち上げ、現在に至る。