ストレス解消お役立ちレシピ

うなぎと生揚げのにんにく炒め

ご飯がすすむ!食欲をそそるピリ辛にんにく風味。
『うなぎ+にんにく』で、夏バテ解消!
うなぎと生揚げのにんにく炒め

材料2人分

  • うなぎ蒲焼き…1/2尾
  • 生揚げ…1枚(約200g)
  • ニンニクの芽…1束
  • にんにく…1片
  • 赤唐辛子…1本
  • ゴマ油…大さじ1
◎タレ
  • しょう油…大さじ1.5
  • みりん…大さじ1
  • 砂糖…大さじ1/2
  • 片栗粉…小さじ1
  • 水…大さじ2

作り方

  1. 生揚げは湯通しして、表面の油を落とし、一口大に切る。
  2. ニンニクの芽は、根元を切り落とし、5cm長さに切る。
  3. うなぎは2cm幅に切る。
  4. にんにくは薄くスライス。赤唐辛子は種を除いて輪切り。
  5. タレの材料を合わせておく。
  6. フライパンにゴマ油、④のにんにく、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、色づいてきたら、いったん取り出す。
  7. ⑥を中火にして、ニンニクの芽、生揚げを入れてキツネ色になるまで炒めたら、うなぎを入れて⑤のタレを加える。
    フライパンを揺すりながら、タレをからめる。
  8. 皿に盛り付け、⑥で取り出したにんにく、赤唐辛子を上からかける。
※にんにく、赤唐辛子は焦げやすいので、油に風味をうつしたら、いったん取り出して、仕上げにトッピングしましょう。
ストレス解消のための栄養素 (この料理に特に多く含まれる栄養素に色がついています)
カルシウム マグネシウム ビタミンC ビタミンB1

神経のいら立ちを沈め、精神安定をはかるカルシウムとマグネシウムが豊富に含まれる生揚げ。鰻はビタミンB1が多く含まれ、にんにくのアリシンと一緒にとると、糖代謝をよりスムースにし、疲労回復効果を高めます。ニンニクの芽は、にんにくと同様にアリシン・ビタミンB1を含む他、カロテノイド、食物繊維なども豊富な栄養価の高い香味野菜です。

[ストレス解消のためのポイント]

精神を安定させる働きをするカルシウム、マグネシウムが豊富な生揚げ。疲労回復に効果が期待できる、鰻とにんにくの組み合わせは、お疲れ気味の方にお勧め。