血液サラサラレシピ

土鍋deサケとイクラの親子メシ

土鍋で炊いたご飯は、おこげも絶品の懐かしいおふくろの味!
カリカリに焼いたサケの皮がアクセント!サケとイクラの親子メシ!
土鍋deサケとイクラの親子メシ

材料4人分

  • 米・・・3合
  • 甘塩サケ・・・3切れ
  • シメジ・・・1パック
  • レンコン・・・200g
  • 大葉・・・10枚
  • イクラ・・・適量
  • 煎りゴマ・・・適量
  • 昆布・・・5×5cm
  • 水・・・560cc
  • 酒・・・大さじ3
  • しょう油・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1
◎大根の味噌汁
  • だし汁・・・600cc
  • みそ・・・大さじ3
  • 大根・・・5~8cm

作り方

  1. 米を洗ってから30分浸水した後、ザルにあげて水気をきる。
  2. サケをグリルで焼いて皮と骨をとる。皮をあぶって、ひと口大に切っておく。
  3. レンコンは5mmのイチョウ切り。シメジは石突きを落として小房に分ける。
  4. 土鍋に①の米を入れて、その上に昆布をのせ、レンコン、シメジ、サケを入れて、水と調味料(酒、しょう油、塩)を加えて蓋をする。
  5. 強火にかけて、沸騰したら弱火で13分炊いて、火を止めて10分蒸らす。
  6. 大根を拍子木切りにして、だし汁(600cc)でやわらかくなるまで煮て、みそをといて味噌汁を作る。
  7. ご飯が蒸れたら、昆布を取り出して全体を均一になるように軽く混ぜ、千切りの大葉、サケの皮、ゴマ、イクラをのせる。
※水分量は米の1.2倍(1合に対して216ml)が目安です。やや硬めのご飯は210ml、柔らかめのご飯は220ml程度を目安に調整して下さい。
※炊飯器で作る場合は、炊飯器の規定の水分量を目安に、水加減を調整して下さい。
血液サラサラのための栄養素 (この料理に特に多く含まれる栄養素に色がついています)
DHA EPA タウリン アリシン イソチオシアネート

サケとイクラに含まれるDHAとEPAは、血液の循環を促してドロドロ血を防止し、血栓ができるのを防ぐ働きをします。大根に含まれるイソチオシアネートは、コレステロール値や血糖値を下げ、血液の凝固を予防する働きがあります。シメジやレンコンに含まれる食物繊維は体内毒素の排出に役立ち、血液サラサラをサポートします。

[血液サラサラのためのポイント]

DHAとEPAを豊富に含むサケとイクラ。血液の凝固を予防するイソチオシアネートを含む大根。食物繊維を含むシメジとレンコンで腸をきれいに、血液サラサラもサポート!

★プラスメニュー★

相性の良い大根の味噌汁を添えて、血液サラサラ度アップ!