女度アップレシピ

渡り蟹のピリ辛味噌炒め

蟹のエキスがたっぷり!コクのある味わい。
気取らずに手づかみでガブリと!
渡り蟹のピリ辛味噌炒め

材料2人分

  • 渡り蟹…200g
  • 生揚げ…1枚(約200g)
  • ニンニクの芽…1束
  • 長ネギ…1本
  • にんにく…1片
  • 生姜…1片
  • 豆板醤…小さじ1
  • テンメン醤…大さじ1
  • しょう油…小さじ1
  • 砂糖…小さじ1
  • 酒…大さじ2
  • 鶏ガラスープ…1カップ
  • ゴマ油…大さじ1
  • 片栗粉…小さじ1
※テンメン醤=中国の甘みそ
テンメン醤がない場合は普通の味噌(赤味噌系)で代用できます。

作り方

  1. 渡り蟹は適当な大きさにぶつ切りし、エキス(ダシ)がよく出るように爪に包丁を入れる。
    ボウルに入れて、酒大さじ2をふりかけておく。
  2. 生揚げは湯通しして表面の油を落とし、一口大に切る。
  3. ニンニクの芽は根元を切り落とし、5cm長さに切る。
  4. ネギは3cm幅に斜めに切る。
  5. にんにく、生姜はみじん切り。
  6. フライパンにゴマ油と⑤のにんにく、生姜を入れて弱火にかけ、香りが立ってきたら豆板醤を加えて炒める。
  7. ⑥から辛味成分が上がってきたら、①の渡り蟹を酒ごと加え、中火にして殻の色が変わるまで炒める。
  8. ニンニクの芽、ネギ、生揚げを入れて炒め、テンメン醤を入れ軽く炒めたら、鶏ガラスープ、砂糖、しょう油を加え、水分が少し残る程度まで煮込む。
  9. 水溶き片栗粉(片栗粉1:水2)を回しかけて素早くかき混ぜ、タレをからめて出来上がり。
※渡り蟹はエキス(ダシ)がでやすいように爪に包丁を入れます。
少し煮込んで他の具材にエキスを含ませ、残りの煮汁を片栗粉でからませるのがポイントです。
女度アップのための栄養素 (この料理に特に多く含まれる栄養素に色がついています)
イソフラボン 亜鉛 ビタミンE ビタミンB6

蟹には女性ホルモンの働きに欠かせない亜鉛、生揚げには亜鉛と、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれています。大豆の発酵食品である味噌にはイソフラボンと、速い吸収力で筋肉をつくり代謝をあげる大豆ペプチドが豊富。さらに、ニンニクの芽、ネギ、にんにく、生姜といった体を温め代謝を促す成分が多く含まれる野菜もたっぷり、ダイエットをサポート!

[女度アップのためのポイント]

蟹は女性ホルモンの働きに欠かせない亜鉛、生揚げは亜鉛と女性ホルモンと似た働きをするイソフランボンが豊富。 味噌の大豆ペプチドと香味野菜が代謝アップに働いて、ダイエットもサポート!