デトックスレシピ

ぶっかけ夏うどん

山形の郷土料理『だし』をアレンジ!
栄養価に優れ、清涼感のある風味は、暑い時期や、食欲のない時におすすめ!
ぶっかけ夏うどん

材料2人分

  • 細めのうどん・・・2束(200g)
  • きゅうり・・・1本
  • なす・・・1本
  • ミョウガ・・・1個
  • 長ネギ・・・10cm
  • 青ジソ・・・3枚
  • オクラ・・・4本
  • 納豆昆布(乾燥)・・・5g位
  • めかぶ(三杯酢入り)・・・2パック
  • 鶏のササミ・・・2本
  • 具用めんつゆ・・・大さじ2
  • うどん用めんつゆ・・・適量
※めかぶは三杯酢入りの3個パックのものを2つ、酢ごと使用しましたが、お好みでお使い下さい。

作り方

  1. 納豆昆布を水に1分程度つけて戻し、ザルにあげておく。
  2. ササミをスジに添って観音開きして耐熱皿に並べ、レンジフードをかぶせて2分程度加熱し、冷めたら細くさいておく。
  3. オクラを塩もみして熱湯でサッと湯がき、2本を輪切り、2本を飾り用に縦に切る。
  4. なすを粗めのみじん切りして水にさらしてアクを抜き、水気をきる。
  5. きゅうりを粗めのみじん切りにする。
  6. みじん切りにした長ネギとミョウガ、千切りにした青ジソをボウルにいれ、納豆昆布、めかぶ、なす、きゅうり、めんつゆを加えて混ぜる。
  7. うどんをゆでて冷水にさらして皿に盛り、⑥の具をのせ、ササミとオクラをのせて、好みでめんつゆをかけていただく。
※めんつゆは、濃縮やストレートタイプなど、お使いのものに合わせてて、量を加減して下さい。
デトックスのための栄養素 (この料理に特に多く含まれる栄養素に色がついています)
ケルセチン アリシン イソチオシアネート オリゴ糖 食物繊維 カリウム

血中で重金属を捕まえる働きをするケルセチンを含む青ジソ。体内の有害物質を捕まえ、さらに解毒の要となる肝機能を強化するアリシンを含むネギ。昆布、メカブ、オクラは食物繊維とカリウムを豊富に含み、便や尿の排泄を促し、有害物質を体外に出す働きをします。
また、これらの野菜は、血液をサラサラにする働きも期待され、ナスやきゅうりなど体の熱を冷ます野菜も入った、夏の体におすすめのうどんメニューです。

[デトックスのためのポイント]

デトックスと血液サラサラ効果が期待される青ジソ、ネギ、昆布、メカブ、オクラ。ナスやキュウリなど体の熱を冷ます野菜も入った、夏の体におすすめのうどんメニュー。

★プラスメニュー★

作り方 山形の郷土料理『だし』の基本レシピでざるうどん