アンチエイジングレシピ

ほうれん草と豆のカレー

ミキサーでお手軽に、本格ベジタリアンカレー!
ほうれん草と豆のカレー

材料2人分

  • ほうれん草・・・1束
  • キドニービーン(水煮)・・・120g
  • トマト・・・1個
  • 玉ねぎ・・・小1個
  • にんにく・・・1片
  • 松の実・・・大さじ2
  • カレールウ・・・50g(2皿分)
  • 水・・・300cc
  • 植物油・・・大さじ1
  • 塩・コショウ・・・少々
  • ナン・・・適量
※キドニービーンはインゲン豆の一種。大正金時で代用できます。
水煮のパックや缶詰など使うと便利です。

作り方

  1. ほうれん草はよく洗って、根を切り落とし、ザク切り。
  2. トマトは皮を湯むきして、種を除いてザク切り。
  3. 玉ねぎとにんにくは粗めのみじん切り。
  4. フライパンに油を熱し、にんにく、玉ねぎを透き通るまで炒め、松の実を加え香ばしい香りがたつまで炒める。
  5. ④にほうれん草、トマトを加えて炒め、ほうれん草がしんなりしてきたら火を止めて、粗熱がとれたら水100ccと一緒にミキサーに入れてペースト状にする。
  6. 鍋に⑤と水200cc、キドニービーンを加えて中火にかけ、煮立ったら一度火を止めてカレールウを加えて溶かす。
    再び火にかけて焦がさないようにかき混ぜ、トロミがついたら塩・コショウで味を調える。
  7. ナンと付け合せの野菜を添えて出来上がり。
※辛くしたい場合は、香味野菜を炒める時に、唐辛子を一緒に炒めて加えて下さい。
アンチエイジングのための栄養素 (この料理に特に多く含まれる栄養素に色がついています)
ポリフェノール カロテノイド ビタミンC ビタミンE

ほうれん草は、アンチエイジングに必要な栄養素を豊富に含んでいます。キドニービーンは、小豆や黒豆同様、黒い色素にポリフェノールが多く含まれます。カレーの黄色はターメリック(ウコン)で、ポリフェノールを多く含んでいます。トマトには抗酸化作用が強いリコピン、松の実には抗酸化ビタミンのEが多く含まれ、アンチエイジング栄養素がたっぷりのカレーです。

[アンチエイジングのためのポイント]

ほうれん草はアンチエイジの栄養素が豊富。キドニービーンとカレーのポリフェノール、トマトのリコピン、松の実のビタミンEなど、抗酸化作用の高い栄養素がたっぷり!