ぷち美人奮闘記

第62回 自分の気持ちを確かめたくて

先週の土曜日、ぷちお見合い?!の相手に誘われてディナーに・・・。
前回は、平日で会社の帰りだったからビジネススーツだったけど、今回は休日だから普段着。

スーツ姿だとステキなのに、私服はダサイ人って、よく話のネタにされるけど・・・ご多分に洩れず。
まぁ、スーツ姿がステキってほどでもなかったけど、比較的好印象ではあったのになぁ~。

カジュアルなシャツを羽織り、インに着たTシャツがお腹のポッコリを強調させている。
おまけに、20代メンズでも着けるような大ぶりのシルバーのアクセサリーが、若く見せようと頑張りすぎて、かなり痛い! (>_<)

と、ファッションもさることながら、話をふっているのにリアクションが悪くて、会話が続かない。

前回は6人いたから会話も楽しめたけど・・・2人だと、かなりキツイ!
食事が終って、次の店に誘いたそうだったけど、帰る雰囲気にもっていき、サヨウナラ!


ひとり、駅のホームで電車を待ちながら、
『とりあえず、会話しようと頑張ってみたけど・・・もう、ムリ!』時間がとても長く感じた。
時計をみると、『まだ、8時過ぎ?!』 どっと疲れがでた。

何だか癒されたい気分と、自分の気持ちを確かめたい思いで、手にした携帯電話をじっと見つめる。

電車が来たけど、乗らずに1本、2本と見送る。先生が住んでいる所から近くの駅にいる。

相手の気持ちがどうかは分からない・・・まだ、知る必要もないし、知る準備もできていない。
それよりも、まずは自分の気持ちをハッキリさせたい!
そんな衝動にかられ、居ても立っても居られない気持ちになって、電話をかけていた。


「ちょっとお話ししたいことがあるので・・・これから、会えませんか?」

memo

フリーでマーケティングや企画の仕事をこなす、都内在住、バツイチ独身女性。
何でも一生懸命、強くたくましく…でもどこか弱い…。
40才を目前に、女の幸せって?きれいな人って言われるには?などと日々奮闘するレイちゃん。もしかしたら、あなたの近くにレイちゃんがいるかも…。